タマゴサミンが人気なのは良いことだと思うけど。

先日タマゴサミンを販売している株式会社ファーマフーズという会社の業績がすこぶる調子が良い、というのを新聞で見ました。

それだけタマゴサミンの売れ行きが好調だという証だと思います。

タマゴサミンの人気に火が付いていると言っても良いのだと思うのですが、一方で少し心配があるのも否めません。

というのも、Ihaを配合したタマゴサミンは関節内のヒアルロン酸を増やしたり、また関節軟骨を作っていく機能を高めたりしてくれるので、関節痛、特に膝の関節痛に悩む人にとっては良いことなんですが、中にはタマゴサミンの栄養を十分に活かしきれいていない人もでてきてしまうんだろうな?と思う部分もあるからです。

活かしきれていないっていうのは、タマゴサミンには確かに関節痛対策に有効な成分がたくさんありますが、だからとって日常の生活が不規則であったり、栄養のバランスが偏った食生活が多かったりすると、タマゴサミンの良い栄養成分が関節と届かないことがでてきてしまうからです。

となると、せっかく関節痛対策として品質の高いタマゴサミンに出会えたにもかかわらず、関節痛に悩んだままの人の人も増えているんだろうな?って思うんですね。

要するに、関節痛サプリメントジプシーとでも言ったらいいのでしょうか?

だから、個人的に思うことなんですが、タマゴサミンを販売しているファーマフーズの人たちには、関節痛対策についての情報提供も同時にしていって欲しい、と思っているんですね。

そしたら、少し手間に感じるかも知れないですが、さらにタマゴサミンの価値が分かってもらえると思うし。