変形性膝関節症と肥満。タマゴサミンを飲むなら。

変形膝関節症になる原因として肥満が大きく関係しているのを知っていますか?膝や足などの下肢は、常に体重を支えていますが、立ったり、座ったり、歩いている場合は膝には体重の3倍の負担がかかっています。

 

階段を上ったり、下りたりする場合は、5倍以上の負荷がかかっています。

 

膝や足に過度の負担をかけないようにする事が、膝関節をいたわる意味においても大切ですが、そう考えると当然体重は軽い方が良いですよね。

 

特に、若い頃は痩せていたけれど、中高年になって、急に太ってきてしまった場合は、その急激な体重増加に膝が付いてこれていない場合があります。

 

もっといえば、20代~30代に完成される骨は、その頃の体重を支えられるように作られています。ですので、ほとんどの場合は中高年になった時の急激な体重増加には付いてこれないんですね。

 

また、太ってくると体を動かす事自体が面倒に感じるようになり、運動不足に陥りがちです。そうなれば足の筋肉も衰えてきます。筋肉の衰えは、膝関節にさらに負担をかけてしまうだけではなくて、大腿四頭筋が萎縮して関節拘縮を招きやすくなります。

 

そうなれば歩きにくくなるので、さらに運動不足になり、肥満を促進してしまう悪循環が進み、筋力低下が進みます。

 

タマゴサミンはすり減った関節軟骨、減少したヒアルロン酸を補うためにアイハやN-アセチルグルコサミンなどの栄養成分が入っているので、日々の負担によって摩耗した膝関節の修復が期待できますが、もしタマゴサミンを飲みながら、肥満がさらに進むような状態であれば、せっかくのタマゴサミンも関節痛を和らげる力を発揮しにくくなります。

 

ですので、今タマゴサミンを考えている人の中で、肥満を自覚している人は、タマゴサミンを飲んでいくと同時に、少しだけでも良いので体を動かす事によって体重を減らす、筋肉を付けるようにした方が良いんですよ。

 

そうしたら、体を動かすと血流もよくなり、全身にタマゴサミンの栄養が行き届きやすくなって、さらに実感しやすくなりますから。

 

それと、最後に普段の食生活にも多少は気を配った方が良いですね。

 

というのも、栄養バランスが乱れている状態で、ある特定の栄養が不足していれば、タマゴサミンの栄養がその不足を補うために使われてしまう場合もありますからね。タマゴサミンは【効果なし?】購入前の口コミチェックと注意点!では、食生活の栄養バランスについて解説されているところがあるので、一度読んでみるのもよいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です